クラリーネ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クラリーネ

封印の剣の登場人物。クラストルバドール
エトルリアの貴族であるリグレ公爵家の娘で、兄のクレインを深く敬愛しているわがままお嬢様。
封印の剣におけるブラコン担当だが、
彼女の子供っぽい性格もあってか、この手のキャラには珍しく危ない関係には見えない。
両親は後に烈火の剣で登場したパントルイーズ
外見はともかく中身は似ても似つかないが、家族がこうも優しい性格ばかりではこんな風に育つのもある意味納得か?

「兄に会わせる」という言葉にあっさり騙されてベルン軍に捕まり、ナーシェンへの土産にされそうになるが、
牢に入れられた所を傭兵として雇われていたルトガーによって逃がされ、リキア同盟軍に加わる。
ナーシェンとの会話で飛び出した、
「あなたなんか お兄さまと比べればお月さまとスッポンですわよ!」
という台詞は彼女とナーシェンを語る上で欠かせない台詞と言えよう。

ユニットとしては優秀な部類に入る。
加入も4章と早く、序盤は機動力のある回復ユニットとして駆け回り、
ヴァルキュリアにクラスチェンジした後は速さを生かして攻撃面でも活躍できる。
文句なしのエース候補であるルトガー・ディーク三角支援が組めるのも長所の一つ。
短所を挙げるなら、肝心の魔力の伸びが今一つな所か。