ソニア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ソニア

外伝に登場する魔女(味方にした場合は魔道士)。クラスチェンジで神官になる。
全体的に高い初期値と、エクスカリバーを始めとする強力な魔法を持つ。
また、成長率も先に登場するメイやボーイ以上であり、戦力としては十分すぎる能力を持っている。
魔道士の宿命である打たれ弱さも、鋼の盾を装備しているためあまり気にならないだろう。

盗賊王ギースの配下の一人で、盗賊団の根城へと続く砂漠の南部ルートを守備している。
もともと彼女はギースを疎ましく思っており、いずれは裏切ろうとしていたのだが、
北部ルートを守備する剣士ディーンの動きが読めず、行動に移れずにいた。
しかしそのディーンがセリカたちに討たれたことで障害が無くなり、晴れて盗賊団から出奔することになる。
その後、ギースを倒したセリカと接触。借りを返すべく仲間となった。

「砂漠の南」に進軍した場合、彼女の率いる魔女部隊が相手となる。
こちらが砂漠に足をとられて移動もままならないのに対して魔女は自在にワープしてくるため、
自軍が一方的に攻められやすく「砂漠の北」よりも難易度ははるかに高くなっている。
残念ながら味方にした場合は「魔女」ではなく「魔道士」になってしまうため、ワープはできない。

実はドーマ教団の祭司長ジュダの娘であり、ヘステマーラは姉にあたる。
が、本編中でそのことが語られることは一切なく、クリア後の後日談からのみ知ることができる。