デューテ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

デューテ

外伝の第三章、水門に登場する魔女(加入時に魔道士に変更)。クラスチェンジ後は神官となる。
リュートの妹。オーラの使い手であることに目をつけられたのか、
国境の水門を守備する妖術師のタタラに操られ、手下となっている。
アルムはタタラに歯が立たないリュートに頼まれて、水門に向かいつつデューテの救出を行うことに。
彼女を生かしたままタタラを倒せば術が解け、戦いの後に水門内部で仲間に迎えることができる。

敵対時には、魔女の常でワープでアルム軍の懐に飛び込み、オーラをぶつけてくる。
優先的に狙われる魔防の低いユニットの残りHPは勿論のこと、
返り討ちにしてしまわないように装備武器にも注意。

元々オーラが使えるうえに攻撃力の成長率・成長パターンともに恵まれており、
レベルが上がれば強力な魔法ライナロックも覚え、破壊力の高いユニットとなる。
その一方で守備面には弱く、HP以外はクラスチェンジでの補整も見込めない。
"遅れてきた天才"的なキャラかと思いきや、
初期クラスが魔道士系の中のユニットのうち唯一サンダーを覚えることが出来ない。

なお、洗脳時にはフェイスグラフィックが険しい表情のものになっているが、
この顔や、洗脳キャラお約束のカタカナ喋りにもコアなファンがついているとかいないとか。