ヨシュア

ヨシュア

聖魔の光石に登場するジャハナ王国出身の剣士。本作におけるナバール系担当。
無類の賭け事好きで、自分の行動すらコインの裏表で決めたりする。
初めはグラド帝国軍に雇われた傭兵として登場する。
グラド皇帝の異変を訴えるナターシャに対して興味がないと返すが、
美人を斬るのは後味が悪いとコイントス勝負をもちかけ、結果ナターシャが勝ったことで味方になる。

射程内に入るまで動かない、射程内に入ると問答無用で斬りかかってくる、
さらに説得役のナターシャと歩数が同じという条件が重なり合った結果、初見時に
「ヨシュアを仲間にするためにナターシャを近づけたら敵ターンで斬り殺されていた」
といった悲劇に見舞われ愕然としたプレイヤーも多い。
彼を仲間にする際は武器を外したゼトあたりを森に配置し、囮になってもらう必要がある。

技、速さが伸びやすくソードマスターアサシンのいずれにも適性がある。
実用性は力の伸びを瞬殺でカバーできるアサシンにやや分があるが、
瞬殺の発動率は低いため戦術に組み込みにくい点や
見た目のイメージ的にはソードマスターを優先したいかもしれない。
ちなみに幸運の伸びはあまり良くない。好きと得意は別ということか。

飄々とした言動の目立つ風来坊だが、その正体は十年前に行方不明になったジャハナ王国王子。
退屈な王宮暮らしに馴染めず、民の中で生きることで民意の分かる王の器となろうと考え
置き手紙を一つ残して王宮を飛び出した。この間、傭兵時代のケセルダの相棒だったこともある。
エイリーク編の場合、母イシュメア女王と死の間際に再会。
氷剣アウドムラを継承し一行に自分がジャハナ王子であることを明かす。
エフラム編の場合、彼がジャハナ王子であることはクリア後の後日談まで明かされない。
そのせいか、ヒーニアスラーチェルと違い、HPが0になった場合は撤退扱いにならず死亡してしまう。
それゆえエイリーク編であっても、15章以降ヨシュアがストーリーの本筋に顔を出すことはない。
動乱終結後、亡き母イシュメアの跡を継いでジャハナ王となる。

剣の師匠カーライル、元相棒のケセルダの二人とそれぞれ戦闘会話が存在する。
特にケセルダとの会話内容はそれぞれのルートで異なっており、
エイリーク編では母を殺されたことに対する静かな怒りの炎が見られるが、
エフラム編では昔を懐かしむ会話が淡々と繰り広げられる。