魔道士見習い


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔道士見習い

聖魔の光石に登場するユアン専用の見習いクラス。使用武器は理魔法
下級職のさらに下位という位置づけで、最大レベルは10。
レベル10の状態で次のマップに進むと自動的にクラスチェンジイベントが発生、
魔道士もしくはシャーマンへとCC可能。
そこからさらに上級職の賢者マージナイトドルイドサマナーにCCできる。
パラメータ初期値は非常に低いものの、レベルアップ回数も多く、
ユアン自身の高い成長率もあり、エースユニットに化けることも。

一定の条件を満たしていると、1回目の自動クラスチェンジイベントで
クラスチェンジ先の3つめの候補として魔道士見習い(通称:魔道士見習い2)が追加されている。
こちらの見習いクラスは通常の下級職と同じ扱いとなり、
最大レベルは20、レベル10以上での導きの指輪使用で上級CCできる。
この上級クラスへのCCの際、賢者に加え魔道士見習い(通称:魔道士見習い3)が追加されており、
グラフィックは見習いクラスのままで上級クラス並みのパラメータ最大値をもち、
が使えない代わりに光魔法闇魔法が使用可能になる。

魔道士見習い3のパラメータ最大値を賢者、マージナイト、ドイルド、サマナーと比べた時、
体格を除けば、賢者の技最大値よりも1少ない程度で、他は最高値という優遇っぷり。
また、理、光、闇魔法3つを同時に使える唯一のユニットであり、魔法による柔軟性の高さも魅力的。
ユアン自身の成長率の高さや、聖魔のドーピングもしやすいため、フルパラメータにすることも十分可能。
ただし杖が使えないのは結構痛い。
また、体格は一切上がらないため、ファイアーならば問題はないが
それ以外の魔法を使おうとするとボディリングを使わない限り攻撃速度が落ちるのが欠点。