支援会話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

支援会話

封印の剣から追加されたシステム。
特定のユニット同士を隣接させた状態で一定ターン立つと
「支援」のコマンドが使用でき、支援会話が見れる。
(封印の剣以前にも支援効果はあるが、支援会話はない。)
蒼炎と暁は、一定のMAPを一緒に出撃することで拠点で支援が組めるようになる。

会話は三段階あり、C→B→Aとレベルが上がる毎により深い内容の会話になる。
蒼炎までは1ユニット5回分まで(A=3 B=2 C=1回分)、
暁は1キャラとのみ支援が可能(代わりに自由に組み直し可)。
支援がAになるとそれ以上は隣接してもコマンドはでない。
暁では会話自体は可能なものの、支援は上がらない。

内容の種類としては、雑談、国・故郷、家族・友人、恋愛、自身の過去などがある。
特に恋愛についてはEDの後日談に影響する。
普通にプレイしているだけでは見られない、キャラクターの語られない部分が見ことができるので
ストーリーに関わらないキャラクターなどに愛着をわかせることができるシステムである。

暁は従来の支援と異なり、誰とでも支援をつけることが可能。
戦略の幅が広がったり、様々な組み合わせが可能となったが、
支援会話が単調になり、組み合わせによっては食い違ったり名前の呼び方がおかしかったりすることがあり、
暁で初登場したキャラの背景などを知ることが出来ないため、不評の声がある。
シナリオの展開上、従来の支援会話が出来なかったのであろう。

烈火、聖魔、暁(ただし蒼炎の支援会話のみ)には支援会話集があり、
一度見た支援会話をもう一度見ることができる。