リノアン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リノアン

トラキア776に登場するシスター。
14章外伝、外伝を通らない場合15章冒頭で自動的に仲間になる。

自由都市ターラ領主の娘で、亡き父の後を継ぎ帝国に逆らわないことで独立を守っている。
かつてターラに逃げ込んだリーフを匿ったり、帝国からの重圧や暗殺者の危機に耐えたりと
若くして苦労を背負っている少女。
アリオーンの婚約者であり、彼の配慮で派遣されたディーンエダに守られている。
自分を助けてくれているディーンに絶大な信頼を抱いており、
ディーン自身もリノアンに対して強い想いを寄せている。

ユニットとしては必殺係数の高さに秀でる。
加入時期の近いサラやホメロスとはある程度性能が競合するが、
光魔法レベルがBと高めであるのと、クラスチェンジがイベントであるのが特徴。
成長率に関しては全体的に少し劣るが十分に高い。
サラ同様に打たれ弱いので前線に出過ぎないように気をつけたい。

第21章の東端にある教会をリノアンで訪れると
彼女がヘイムの血を引いていることが明かされ、
その力を覚醒して貰ってセイジにクラスチェンジする。

エンディング後日談の肩書きは「ターラに咲く花」。
ターラを復興、繁栄させるが生涯を独身で通したという。