七三軍団


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

七三軍団

聖戦の系譜に登場する、七三分けの髪形をした敵キャラクター達のこと。
まるでサラリーマンのような顔立ちで、
出てくるシチュエーションも小隊長だったり副官だったり、まさに中間管理職。
ようするに使いまわしのグラフィックなのだが、
マントの色が僅かに違ったりして一応判別は可能である。
そのバリエーションの多さから、密かに人気がある。

初出は2章でそれ以降4章、7章を除き10章までの全ての章に登場している。
初出のザインは騎馬だらけのシグルド軍の天敵となりうるナイトキラーを装備しており、なかなか厄介。
3章以降トラキア軍が敵として登場するときはドラゴンナイトとして必ずこの顔グラのユニットが登場する。
ただし、9章のムーサーマージナイトであり、グランベル帝国からの援軍に所属している。
6章ではハロルドというジェネラルが登場し、ダナンの部下としてイザークの民に圧政を敷いていた。

上記のユニット達はあまり強くなく神器を使わなくても割とあっさり倒せるが、
七三軍団最後の刺客のリデールはパラメータが高く勇者の剣を装備した強敵である。