ガーネフ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ガーネフ

アカネイアを舞台にした作品における悪役。
クラスは暗黒竜、紋章一部では司祭、紋章二部ではダークマージ、新暗黒、新紋章ではソーサラー
後のマンフロイネルガルアーヴといった悪の老魔道士の系譜の第一号。
もともとはガトーの弟子の一人だったが、ガトーがオーラミロアに与えたことで嫉妬に狂い、悪の道に走る。
暗黒戦争では、カダインを支配し、ドルーアと組み大陸の支配をもくろむ。
ドルーアのメディウスと組みながらも、スターライト以外の攻撃を無効にするマフーの魔道書、
アリティアからファルシオンを奪う、神竜チキを誘拐するなどと
ドルーアから手出しされないように何重もの策をめぐらしていた。
マルス達とは二度交戦。一度目のカダインではマフーで無敵の力を見せつけるが、数ターンで撤退。
二度目はテーベの塔で交戦し、ガトーの教えで手に入れたスターライトの力で撃破、
または彼の力の源の魔道器械のある塔を制圧され逃亡。
この戦闘では、魔法で作りだした彼の分身も登場するが、武器が違うので最初から本物がばれている。
だがリメイクの新暗黒では、偽物もスターライト以外を無効化することは出来ないもののマフーを持っており、
ドロップアイテムのファルシオンまで再現されている(ただし実際に倒すと鋼の剣しか貰えない)。
リセットすると初期配置まで変わるという徹底ぶりである。
ただしシューターで攻撃出来ないのが本物だとか、大地のオーブが効かないのが本物だという見分け方がある。

英雄戦争の終章近くで再び登場し、
四人のシスターを誘拐して今度は暗黒竜としてメディウスを復活させようとしていたことが判明。
竜の祭壇で再びマフーを持ってマルスに戦いを挑む。

紋章までは普通の老人の姿だったが、
リメイクの新暗黒ではどす黒い肌の人間離れしたグロテスクな姿で過去作プレイヤーを驚かせた。
しかし実際はOVAでも黒い肌をしていたので、こちらをベースにデザインされたのだろう。

新・紋章の謎では、追加シナリオ「暗殺者」でなんとプレイヤーキャラとして登場。
やはりマフーを所持しており、スターライトを持った敵も存在しないため完全無敵と反則的な性能を誇る。
魔王と呼ぶにふさわしい、敵を一方的に圧倒する姿は一見の価値あり。

関連
ガネフ