レテ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レテ

蒼炎の軌跡・暁の女神に登場する獣牙族のラグズでガリア人。
猫耳だったりツンデレっぽく見えたりするがそういう目で見ると大きく裏切られることになる。

蒼炎ではゲバル城でデイン兵に包囲され絶体絶命のピンチになっていたアイク達を救出。
しかし元々不信感があったとは言え登場早々「ベオクは能無し」とけなしたためにセネリオが挑発、
その言葉に今度はモゥディがキレて、といきなりトラブルの種をまいている。
その後ベグニオンへと行く傭兵団にガリア側の戦力として加入するがその理由も
他の者達が行きたくないと言うし王の命令だから、であり彼女としては行きたくなかったようだ。
このベオクに対する接し方は部下であるはずのモゥディにすら頭が固いと評されている。
とは言うもののベオク製作の短刀を食事用に愛用している等ベオクそのものを否定するつもりはなく、
「ベオクが皆、アイクのようにラグズと普通に接してくれるなら…」と発言しているように
彼女の言動もラグズのおかれている状況に憤りを感じているからなのだろう。

同時期に加入するモゥディと比べると力や守備で劣ってはいるが、技や速さで優れる剣士タイプ。
ツイハークの説得・ソーンバルケの加入に必要だがこれらは二人のうちどちらでも可能。
だがレテは章開始直後に化身できるため速攻クリアを求めるプレイヤーにはよく好んで使われる。

支援相手はアイク・ジルムワリムライの4人。
嫌ラグズ派であったジルや元奴隷であったムワリムに良い意味で影響を与えている。
ライとの支援には次回作に登場するリィレキサの名前が出てくる。

暁では2部から登場。クリミアに滞在しているが恐らく交換武官となったのだろう。
双子の妹リィレとは疎遠だったらしいが作中で和解している。
しかし仲直りの印として妹からもらったのは「恐怖の書」。
似合うと言われたがもちろんレテは憤慨している。