ガルザス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ガルザス

トラキア776の登場人物。クラスはマーシナリー。レイドリックに雇われた傭兵。
オードの聖痕を背中に持つ、滅亡したリボー一族の王子。聖戦の系譜のシャナンは従兄弟にあたる。
シャナンの祖父がリボーを滅ぼし、そのために様々な苦労をさせられてきた経緯から、
シャナンには協力しないものとレイドリックに見られている。
マリータの実の父親であり、レイドリックに捕らわれた彼女をサイアスに託して逃がし、
24章で再会した際には、彼女を助け育てたエーヴェルへの恩を返すため、マリータの説得に応じて仲間になる。
その強さはすさまじく、それを理由にレイドリックに経歴やマリータを逃がしたことを黙認されたり、
セティをして「フォルセティでも倒せるかどうかわからない」と言わしめるほど。
(実際のゲームではフォルセティならまず倒せるが)
最終章に登場する魔戦士ツヴァイは、24章時点での彼と全く同じ能力値・スキル・所持品であり、
ガルザスが未加入あるいは死亡・捕虜である場合、彼の顔グラフィックが当てられる。

ユニットとしては、お助けキャラ(終盤)のポジションにいるため、全キャラ中最も高い初期値を持つ。
剣だけでなく斧による間接攻撃も可能で、移動力も普通のマーシナリーより1高く、
追撃必殺係数も3と優秀で、流星剣・月光剣のスキルも持ち、再行動も☆5と最高で、
極め付けにマリータから20%の支援を受ける。まさにお助けキャラの鑑である。
ただし、トラキアの常としてその強さゆえに終盤の状態異常杖の猛攻のターゲットにされやすく、
対策をしないとバサークスリープであっさり役立たずとなるので注意が必要。
なお、レベル20なので成長することはないものの、内部データでは成長率が設定されており、
その数値はオルエン・イリオス・ゼーベイアと全く同じ数値である。使い回しだろうか。

EDの後日談での異名は、「オードの黒剣士」。
マンスター解放後(終章クリア直後)に姿を消し、以後一切の消息を絶つ。