エレン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エレン

封印の剣の登場人物。クラスは僧侶
ギネヴィアの側仕えを務めるエリミーヌ教団のシスター。
真面目で信心深い、わざわざ言うまでもないくらいの正統派である。
サウルとの支援会話を見るに、真面目すぎて若干天然が入っているような節もある。
男性が苦手で、今では親しい仲のツァイスも「口をきいてもらえるまで何年もかかった」らしい。
チャドルゥと話している時にそれらしい様子は無いので、子供は問題ないようだ。
更に同業者とはいえ明らかに成人男性のサウルとも普通に会話しており、
どこまでが苦手の範疇なのかはちょっと謎。
支援会話の相手は上記の4人に加えて同じくギネヴィアに仕えるミレディの合計5人。

2章開始時に加入する、最も加入の早い杖使いだが、
実は魔力・幸運・魔防の成長率が高くそれ以外の成長率が低い、リリーナ並に極端な性能で、
特に守備は初期値0・成長率5%と、僧侶であることを考慮しても尋常でない豆腐。白いだけに。
HPと速さも伸びないため、魔法系以外には攻撃されないように特に気を配らないと非常に危険。
ハードモード終盤では常に即死圏内ということも十分有り得る。
得意な役割に徹すれば優秀なので、
バランスはいいが必殺の一撃が怖いサウルとはどっこいどっこいという感じだが、
エレンの2章後に加入するクラリーネの使い勝手が非常に良いので、どちらも二軍落ちしがち。
ただし、封印において光魔法を使える=アーリアルを使えるクラスは司祭だけなので、
ヨーデル以外にアーリアルを使わせたい場合は話が変わってくる。