シャガール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シャガール

聖戦の系譜に登場する人物。
アグスティの国王でありアグストリア諸侯連合の長。
マンフロイにそそのかされ穏健派の父イムカを暗殺しグランベルに宣戦布告する。

聖戦に登場するいわゆる悪役には民の生活自らの理想など、
その野望にはそれなりの事情や美学をもつ者が多いなか、
彼の場合はただひたすらに領土欲、権力欲に憑かれた小物として、
典型的な憎まれ役として描かれている。

戦に反対するエルトシャンを投獄する、
見せしめにハイラインにノディオンを侵略させる、
フュリーを騙してエバンス城を奇襲させるとやりたい放題やった挙句、
一度はシグルド軍に追い詰められるも
結局自らが投獄したエルトシャンによってその命を救われることになる。

しかしその後もまったく懲りずアグストリア領土奪還を狙い再度戦を起こす。
エルトシャンおよびクロスナイツに出撃を命じるも、
再び説得するために単身戻ってきたエルトシャンをついに処刑してしまう。
そして臣下をすべて失い自滅同然の最期を迎える。

クラスはバロンだが、前哨戦である2章ではレベル10なうえ間接攻撃も持たないので非常に弱い。
3章では猛修行したのかレベルが一気に25まで上がっており、
ボルガノンまで装備しているため少し強くなっている。
親友の仇と一思いに葬るのもいいが
アゼルのレベルアップのためにサンドバッグになってもらうのもいいだろう。