ダグダ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダグダ

トラキア776に登場する人物。クラスはウォーリア
元は紫竜山の山賊を束ねる首領だったが、エーヴェルの人徳に惚れ込み
現在は山賊家業からは足を洗って荒地の開墾に力を注いでいる。
娘にタニアがいるが、妻の存在は不明。

1章から登場し、ポジションとしてはエーヴェルと共に序盤のお助けユニット。
体格が15と大きく、攻速差が小さくても突撃スキルで無理やり再攻撃するなど、
非常に優秀な捕獲要員として、エーヴェル以上にお世話になったというプレイヤーも多いだろう。

3章で一度解散したのち、8章外伝で再登場。
部下ゴメスに反乱を起こされタニアともども敵に囲まれ孤立している状態での再加入となる。
この時点では戦力としては序盤ほどの強さを見せられないレベルになってしまっており、
周りの雑魚達はともかくゴメスと戦わせると序盤の活躍が嘘のようにあっけなく殺されてしまう。
これはゴメスが終章に登場する魔戦士ドライを一部上回るほどの能力を持っているためではあるが…。

初期パラメータこそ高いが成長率は聖戦士の書でもフォローできないぐらい低いため、
再加入後直後ぐらいならタニアからの支援を
(一応エーヴェルからも支援は受けられるがあまり機会は無さそうだ。)利用しての捕獲作業や、
セルフィナと違って豊富な体力+突撃を活かしてのシューターの弾減らし任務で働けるが、
頃合を見て第二輸送隊へと転身させるのが無難だろう。

なお、終章の時点で彼が死亡・捕虜その他の理由で自軍にいない場合、魔戦士ドライにされてしまう。

関連
マーティ