バード

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バード

聖戦の系譜・トラキア776・封印の剣・烈火の剣に登場するクラス。
バードとはケルト人社会の吟遊詩人のことで、このクラスに属する人物は例外なく吟遊詩人であり、
その特性を強調するためか、例外なくその人物専用のクラスでもある。

聖戦・トラキアでは、Cレベルの魔道書を使って戦うマージと似たような性能を持つ。
マージとの違いは光魔法を使えることと、(聖戦のみ)能力値の上限がやや高い点が挙げられる。
ただし聖戦では、参戦時期に装備可能な光魔法(ライトニング)を入手できない。
両作品ともセイジにクラスチェンジできる。

封印・烈火では、戦闘能力を持たず、歌で味方を再行動させるサポート専門職となった。
踊り子と全く同じ特性・能力値上限を持ち、同時加入することはなく、
踊り子との2択あるいは入れ替わりで加入することになる。
烈火では踊り子と同様、指輪による能力値強化も可能。

余談だが、聖戦のオープニングデモではヴェルトマー兵のバードが登場し、
本来使えないはずのエルファイアーを使用している(おそらくファラの血統)。
その他にも、7章・9章のマップ戦闘でのシーンに登場しており、
7章のシーンではフォルセティを使用している(本来この時期にバードは参戦できない)。
あくまでデモなので、本編と関連付ける必要もないのだが……。

関連項目
レヴィン】【ホメロス】【エルフィン】【ニルス