ツヴェルフ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ツヴェルフ

聖戦の系譜終章でフリージ城を制圧するとバーハラ城から出陣する十二魔将の一人。クラスはシーフファイター
追撃盗むの他に必殺のスキルを持つ。
ツヴァイノインと違い勇者の剣を装備しているため魔将の中でも割と危険な部類に入る。
移動力7と地味に足も速いのでこいつや他の魔将を誘い出す際は注意が必要。
この時点で金が要るユニットは最早あまりいないと思うが、
所持金を盗まれるとなんか悔しいので間接攻撃で沈めるが吉。

トラキア776でも終章に魔戦士として登場。
待ち伏せ盗むに加え連続怒りのスキルを持つが、
トラキアでは怒りは待ち伏せと同時には発動しないため、死にスキルとなっている。
バサークの剣を持ち先制の反撃で混乱させようとする。
そんなに脅威でもないが杖が余っていれば無力化してから始末したい。
終章の時点でリフィスが自軍にいない場合顔グラは彼のものになる。
なんかとことんロクな目に逢わんやつだ。

名前はドイツ語で「12」の意味の「twolf」より。
また新・暗黒竜と光の剣では補充ユニットの名前候補として採用され…かと思いきや、
ツベルフとちょっとだけ名前が変わっている。