ライ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ライ

蒼炎の軌跡・暁の女神に登場する、猫に化身して戦うガリアの戦士。左右で目の色が違うのが特徴。
性格は陽気だが、戦闘で血気にはやりがちな獣牙族の中では比較的落ち着いており、戦況を見極められる冷静な面もある。
ラグズながらベオクに対しても気さくに話しかけるが、そのせいで本人曰くラグズの中では浮いた存在らしい。
見た目は若者だが、ガリア軍の隊長の一人なので結構ベテランなのだろう。
イベントではやたら強敵との対決を押しつけられており、
蒼炎では漆黒の騎士、暁ではゼルギウススクリミルと戦い、毎回負傷している。
自分でも不運さを自覚しているらしく、暁の三部終章で更にニケと戦わせると、
強敵とばかり戦わせられることを戦闘前会話で嘆く。
しかしそのお陰で、誰よりも先に漆黒の騎士の正体に気づく。
蒼炎では23章で自動的に加入。能力的にはレテとほぼ互角くらいだが、加入が遅いのと、
レテと違って1ターン目から化身出来ないのとで、使われることは少ないだろう。
暁では3部4章で加入し、その後しばらくはイベントの都合で強制出撃。
しかしはっきり言って邪魔である。死ぬとゲームオーバーな上、猫は化身までかかるターンが最短なのだが、
化身が解けるまでも最短なので、何も出来ずにウロウロするだけのターンが多い。
また、化身すれば結構能力は高いものの、所詮平民ラグズなので、最終的には二軍落ちになりがち。
強制出撃のうちは半化身でも付けて、削り役と割り切った方が良いかもしれない。
アイクと支援Aでペアエンドだが、蒼炎のフラグが次々にへし折られていく暁の中で、
なぜこんな微妙な組み合わせがペアエンドなのかと多くのプレイヤーが首をかしげた。

関連
リィレ】【キサ】【かなり、やる。

81 名前: 助けて!名無しさん! [sage] 投稿日: 2010/03/24(水) 00:41:57 ID:gdy95h64
>ラグズながらベオクに対しても気さくに話しかけるが、
章別・拠点会話とかはそうだけど支援相手が部下二人にアイクだけと
性格の割には交友関係が少ないように思えるし
アイクとの支援でも 「手放しでは信用できない」
「誰彼構わず信用してると足元を掬われるぞ」とか言っているから
表面上は人懐こく見えるけど根っこはむしろドライってイメージがあるんだよね