ソードファイター


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ソードファイター

聖戦の系譜・トラキア776に登場するクラス。
紋章までの傭兵にあたるクラスで、そのため「傭兵系」と呼ばれることもあった。

クラス性能としては、傭兵同様技と速さにすぐれ、
聖戦では兵種スキルに追撃を持つため、最低限の使い勝手が保障されていた。
守備にはやはり不安があるものの、この頃から攻撃は防御より回避が重要になってきたため、
高い回避率で守備の低さを補うこともできるようになり、
特に3すくみの関係上、斧が当たることはほぼなくなった。

その他、自軍のソードファイターのほとんどは流星剣や月光剣など強力な専用スキルを持っている等、
正直露骨なまでに優遇されていたと言える。

ただ逆に敵として出てきたときは上記の性能から厄介な敵となることが多く、
特に序盤の闘技場ではソードファイター戦でそれまでの連勝がストップするというユニットが続出する。

さすがにやりすぎたと思ったのか、
次作のトラキアでは3すくみ補正の修正や体格の導入、斧の台頭によって
相対的にその地位は低下し、単なるクラスの一となった。

クラスチェンジ先が
聖戦ではアイララクチェソードマスターホリンスカサハロドルバンラドネイフォーレストに、
トラキアではシヴァマリータトルード→ソードマスター、マチュアマーシナリーと、
他のクラスのように全員が同じクラスにCCするという訳ではないのも特徴。
キャラ付けを強くするためかGBA作品以降の剣使いは、
バランス型の傭兵勇者、特化型の剣士ソードマスターと完全に枝分かれする事になる。