ファイアーエムブレム外伝


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ファイアーエムブレム外伝

シリーズ第2作目となる作品で、
前作「ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣」の外伝として前作の二年後に発売される。
FC末期の発売だったため、GBA作品から入ったようなプレイヤーが
手軽に入手してプレイという訳にはいかなかったが
現在ではバーチャルコンソールで配信されているので簡単にプレイ出来るようになった。

兄妹神であるドーマ神とミラ神の争いによって、
力を信じ堕落を許さぬドーマの支配する北のリゲル帝国と、
生き物が自由に遊び戯れる楽園を夢見るミラの影響下にある南のソフィア王国に
分裂したバレンシア大陸を舞台に
アルムセリカの二人を主人公として、マップ上を比較的自由に移動しつつ物語が展開していく。

とっつきやすさを目指して前作よりもRPGの要素を強めた傾向になっていて、
・武器の耐久力が存在しない。
・魔法がHPを消費して使用。さらに攻撃系の黒魔法、回復系の白魔法、敵用の妖術という分類になっている。
・飛行系への弓特効が限定的。
きずぐすりなどの消耗品が存在しない。
・クラスチェンジは各地のミラのしもべに話しかける事で行われる。
・敵として魔物が登場する。
といった前作および以降のシリーズとはシステム面で大きく異なっている。
復活の井戸が複数存在し、経験稼ぎも無限に可能であるため、シビアさは前作より薄められている。

前作のペガサス三姉妹カミュとの関係が深いジークが加入するため、
時間軸としてはアカネイア大陸の暗黒戦争後~英雄戦争前という事が推測される。
シリーズの象徴となるファイアーエムブレムの紋章は全く姿を見せないが
主人公の最後の武器がファルシオン
アカネイア王国の宝であるグラディウス(とパルティアとの関連性が話題になる聖なる弓)の登場、
ガネフというキャラクタがいたり、と前作を彷彿とさせる要素もふんだんに存在している。

この作品で初登場したりゅうせいたいようげっこうリザイア
ファルコンナイトなどは、姿を変えつつも後の作品に引き継がれている他、
聖魔の光石は外伝の要素を多く含む作品となっている。~

226 名前: 助けて!名無しさん! [sage修正乙] 投稿日: 2010/06/16(水) 22:29:37 ID:pM/z6isC
思えばバロンも外伝からか… 
聖戦でけっこう名前が甦ったような気がする 
効果や立場は違うけど 
勇者の剣やいかずちの剣、ボウナイトも確か外伝からの名称だね 

剣も魔法攻撃も回復もできる神官のマルチぶりは 
マージファイター(女)に引き継がれたということやも