カタリナ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カタリナ

新・紋章にて追加されたキャラクター。
序章、アリティア騎士団入団試験を受けに来たマイユニット
階段の踊り場で衝突するという王道の出会い方をし、
軍師志望で戦いは不得手という事でマイユニットの補佐を務め、以降叙勲式まで日々を共にする。
正式に仲間として加入するのは16章外伝。
上級職で加入するが成長率は全ユニットで5本の指に入る高成長率。
ただ初期値が物足りないので叩き上げのユニットと同程度か耐久面で上回る程度に落ち着きやすい。

彼女の正体は暗殺組織の一員アイネであり、
マルス暗殺の手引きとして信頼を得るまで行動を共にするのが目的であった。
作戦は功を成し、一服盛られたせいでアリティア騎士団の兵達が戦闘不能に陥った所を組織が襲撃、
叙勲式の最中だったマルス達は玉座の間で孤立してしまう。
しかし孤軍奮闘するマイユニットを含めた近衛騎士達に戦力不足を悟り逃走し、
以降16章外伝まで外伝会話を除き関わる事は無い。

暗殺組織の面々は皆エレミヤの命令には内容を問わず絶対服従であり、
人を殺す事に躊躇いも無い冷徹な性格なのだが、
マイユニット達との切磋琢磨の日々はカタリナの心情に変化をもたらし、
暗殺組織とのジレンマで複雑な感情を抱いていたが
エレミヤの命令には背けず16章外伝でアリティア騎士団と対立する事になる。

彼女の説得はマイユニットで可能であり、
3回必要と少々手間がかかるが専用CGや会話の内容の為印象深いシーンである。
16章外伝のクリア条件が敵の全滅なので倒す事も出来るが、
その際の台詞は非常に切なく、そしてやたらと長い。
従来のラスボスの散り台詞と同等かそれ以上に長い。

マイユニットに対しては好意を抱いており、支援会話で堂々と告白する程。
最もマイユニットはあっさり聞き流してしまうが・・・
マルスとシーダを光の英雄とそのヒロインとするなら、マイユニットとカタリナが影の英雄とそのヒロインである。