ファイアーエムブレム 新・紋章の謎


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 ~光と影の英雄~

2010年7月15日にニンテンドーDSで発売された「紋章の謎」の第2部・英雄戦争編のリメイク版。

2008年に発売された前作・新暗黒竜及びオリジナルの紋章を
ストーリー面で補完する意味合いが強いリメイクとなっており、
その最たるものに「光の英雄」マルスに対する「影の英雄」として
プレイヤーが外観や職業を自由にエディット可能なマイユニットの登場が挙げられる。

オリジナルのような2部構成ではないため前作・新暗黒竜をプレイしていないプレイヤーを対象に、
折に触れて前作の回想や解説が加えられる他「ガイド」機能で
いつでも用語解説や人物相関図を参照可能になっている。
前作に登場した人物はオリジナルで削除ないし第2部には登場しなかった人物を含めて全員が登場し、
サジマジバーツに至ってはトライアングルアタックを習得。
また、新暗黒竜で復活したシューターはオリジナルと同様に敵専用の固定式砲台となっているため
ジェイクウォーリアベックホースメンにそれぞれ転職して登場している。
前作の追加キャラクターは外伝マップの出現条件が理不尽であると批判を浴びたが、
本作では特に条件を満たさずとも前作の追加キャラクターが次々と参戦するので
アテナノルンエッツェルホルスユミルナギの6人は本作で初めて見たと言うプレイヤーも多いと思われる。
この内、ナギを除く5人はストーリー展開に関わらず「暗黒戦争を共に戦った仲間」とされているが、
ナギだけは22章冒頭での加入時に前作の24章外伝は無かったものとして扱われ、
マルスとはこの時が「初対面」とされている。
また、前作の序章に登場したフレイは6章の途中でノルンと共に加入する。

前作では廃止されていた支援会話蒼炎と同様に出撃画面で支援を組む方式により復活。
前の章で出撃したユニット同士が支援の付く関係であれば、
回数などの制約を受けずに3段階(終盤に加入する一部のユニットは1段階のみ)の支援会話が発生する。

ストーリーでは、オリジナルでチェイニーアカネイア建国に関する衝撃の事実を明かした部分が
ぼかされているのを始めとして、部分的に改変ないし不明瞭な扱いとなった設定が散見される。
この他、第1章のロレンスグラ兵を使った経験値稼ぎなど
「無益な殺生」に対するペナルティが何点か追加されている。
また、オリジナルとの最大の変更点はミシェイルの扱いである。

システム上の新要素としては、
HPが0になったユニットが死亡せず次の章で復活するカジュアルモード
従来通り(オームの杖を使う場合を除いて)復活の無いクラシックモードが選択可能になったことや、
闘技場と同様のシステムで出撃前に経験値を稼げる「訓練場」の登場、
シリーズ最狂難易度とも評されるルナティック・ルナティック'の追加などが挙げられるが、
基本的なゲームシステムは新暗黒竜のものを踏襲しており、
オリジナルとの相違点としてはアイテムの保有が「武器・道具それぞれ4個ずつ」から
「武器・道具合わせて5個」となっていることと、
ソシアルナイトパラディンペガサスナイトファルコンナイトドラゴンナイト
屋内戦でも馬や竜を降りなくても良くなった
(兵種変更で剣士に転職させることで同様の効果が得られる)ことなどが挙げられる。

エキストラモードは前作・新暗黒竜以上に充実しており、
プロローグクリア後に追加される「新・アカネイア戦記」では
1997年にサテラビューのサウンドリンクゲームとして配信されたものの
プレイヤー数が少なく幻の作品となっていたBSアカネイア戦記の全4シナリオがリメイク版として収録されている。
また、Wi-Fi通信のダウンロードコンテンツでは特殊アイテム3種(育成のしずく絆のしずく七色の薬)と
3本の追加シナリオ(「風と雷」「暗殺者」「剣に定められた者は剣に」)が配信されている。