サンタルス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サンタルス

烈火の剣に登場する、リキア同盟に参加する侯爵家の一つ。また、その所領。
東側をフェレ侯爵領、西側を旧キアラン侯爵領と接する。

当主のヘルマンは子供に恵まれなかったこともあり、
親友のフェレ家当主・エルバートの長子であるエリウッドを実の子同然に可愛がっていた。
しかし、押しの弱い性格が災いしてラウス侯・ダーレン黒い牙エフィデルに煽られて
オスティア家を転覆し統一リキア王国の建国を提唱した際には
ダーレンの強引な勧誘に乗せられて反オスティア派に与してしまう。
その後、エフィデルがエリウッド暗殺を目論んでいたことを知り、
激怒して反オスティア派を脱退するものの時既に遅く、口封じの為に暗殺されてしまう。

後継者不在の為に家系はヘルマンの代を最後に断絶したと思われるが、
封印の剣の時代に旧サンタルス領がどのような扱いになっているのかは不明。