ファイアーエムブレム 暁の女神


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ファイアーエムブレム 暁の女神

2007年2月22日に発売されたWii専用ソフト。蒼炎の軌跡の続編で、
前作から3年後のテリウス大陸を舞台にしている。

システム面では前作・蒼炎を継承しているものが多いが、
魔法の3すくみは前作の「炎・雷・風」を一括して理魔法(炎・雷・風魔法)と定義し
「上位3すくみ」として封印・烈火・聖魔の「理・光・闇」の3すくみが復活している他、
杖の扱いが大きく変わり装備しただけで体力回復やステータス向上などの効果を
発揮するようになった。また、杖を装備していると敵に攻撃された際に杖で殴って反撃する
杖ポコ」が発動するが、あくまで反撃のみのアクションであり自分から杖を使って攻撃することは出来ない。
前作・蒼炎からの大きな変更点としては、スキルの着脱が自由化されたことと
支援関係がマップ画面でなく出撃画面において全ユニット総当たりで
締結・解消可能になったことが挙げられる。
但し、支援会話は発生する組み合わせと発生しない(日常会話のみの)組み合わせが存在する。

前作・蒼炎を1周以上クリアしたセーブデータを記録した
ゲームキューブ用メモリーカードが有る場合、データの引き継ぎが可能。
引き継ぎを行った場合、前作から登場しているユニットのパラメータが
引き継ぎを行わない場合よりも上昇する・絆支援が追加される・
前作の支援会話がエキストラで見られるなどの特典が追加される。

シナリオは4部に分かれており、第1部がミカヤを主人公とする「暁の巫女」、
第2部がクリミア国女王に即位したエリンシアを主人公とする「国とは王とは」、
第3部が前作の主人公であるグレイル傭兵団の団長・アイクを主人公とする「交わされし誓約」、
第4部が正の女神・アスタルテの「裁き」から大陸全土を解放すべく前3部の登場人物が結集する
「神と人」でそれぞれ構成されている。
前作・蒼炎では顔見せのみであったサナキシグルーンらベグニオン帝国の要人が相次いで
プレイヤーユニットとして参戦する一方、引き続き登場しないユニットも少なくない。
そんな中で同一人物説を否定しつつ、能力はしっかりと引き継がれるダラハウウハラダのようなケースも。

日本国外(北米・ヨーロッパ・オセアニア)では「FIRE EMBLEM: RADIANT DAWN」のタイトルで発売。
ヨーロッパ版の前作はメッセージが英語のみであったが、本作では聖魔以来2作ぶりに
英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語・イタリア語の5ヶ国語対応となった。
日本版と比べてムービーや個別キャラクターギャラリーなどの追加要素や
血の誓約に関する設定の改変、クラスチェンジ錬成の簡略化、ワイド画面対応など変更点が多く
「日本版のユーザーは有料で海外版のデバッグをさせられた」との不満の声も挙がっている。