ビーストキラー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ビーストキラー

暁の女神覚醒に登場する武器。
文字通り獣系に対して特効がつくが、作品によって扱いが異なる。

・暁の女神
ラグズの中で獣牙族に対して特効を持つ短剣。
第1部4章、第3部6章、及び12章で掘り出し物として店頭に並んでいる。
売り出されている章の関係から使い手はほとんどの場合サザとなる。
第1部では獣牙族と敵対するのが4章だけな上にその頃のサザはまだレベルが高いためこれに頼ることは少ない。
しかし第3部になると獣牙族と敵対する機会が増え、サザもパラメータ的に力不足となってくる。
スキル天敵/獣が貴重なこともあり、この頃には需要もそれなりに高くなっている。
サザを戦力の一つとして扱ってあげたいならばカルドなんかよりこっちを持たせたほうがよっぽど役に立つ。
ビーストキラーの耐久はそれほど高くないので、資金に余裕があるならば念のため第1部の時にも買っておくとよい。
万一第3部で使いきれなかった場合、以降は第4部5章のイズカファームを除いて獣牙族と敵対することはなくなる。
なのでその場合は同章で加入するフォルカに持たせて大量のなりそこない達を切り刻んでもらおう。
ちなみに必殺率は20でこれはスティレットと並んで短剣の中では最高値である。

・覚醒
獣馬系に特効がある槍で、先端に肉食獣の口を模ったような形状の物がついたデザインになっている。
これまでの作品におけるナイトキラーやホースキラーのような立ち位置で騎馬系に特効がつくが、
それだけでなくペガサスやグリフォン、タグエルまでも特効対象となる。
覚醒ではダークナイトダークペガサスなど厄介な騎乗系が多いので、持っていれば何かと役に立つ。
行商人やすれ違い等で見かけたら、迷わず購入しておくといいだろう。
またビーストキラーの効果に統合するためか、レイピアもペガサスやグリフォン、タグエルに特効がつく。

関連
ナイトキラー】【ホースキラー