ラグズソード


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラグズソード

蒼炎の軌跡に登場する剣で本作に登場するラグズに対して特効を持つ。
11章の舞台であるトハの町の自警団員の男からもらうのをはじめ、色々な場所で手に入る。
同マップのボスマッコヤーも持っているためフォルカの力が伸びているならば盗んでおこう。
これ以降のマップではキルヴァス兵やラグズ解放軍、なりそこない
ラグズを相手に戦うケースが多くなってくるため、蒼炎では火力不足に陥りやすい剣士に持たせるとよい。
だが自警団員やマッコヤーがこれを持っていたのは「半獣狩り」と称したラグズの盗伐のためで、
この剣をアイクにくれたのも元々は自警団に勧誘するため、という経緯を考えると
あまり良い気持ちはしないものである。

なお、他にラグズ特効を持つ武器にはラグズランス(槍)、ラグズアクス(斧)、ラグズボウ(弓)がある。
暁の女神ではラグズソードを含めこれらの武器は登場しないが、スキル天敵/○○が代わりに登場する。