オルグ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オルグ

暁の女神に登場する人物。ハタリの女王ニケの従者で、クラスは獣牙族/狼。
ゲーム内の説明によれば、「寡黙、無口を通り越して無言が多い」とあるが、
どうやらこれは古代語しか話せないからのようで、ニケと話す時は古代語を使って話す。
ミカヤ達に力を貸すため、戦力としてニケが彼をミカヤ隊に参加させるが、
ラグズだとばれてしまうと不都合があるため、半化身状態で表向きは犬として参加させている。
そのため、ゲーム内でも第一部の間は最初から半化身状態で参加し、化身ゲージも減らない特殊な扱いになっている。
第一部の間は、半化身状態でも終章までほとんどの敵を簡単に倒せるほどの強さを誇るが、
頼りすぎると後がつらいので注意。
第三部のミカヤ隊の章で再び使えるようになるが、半化身の仕様が変わるのに注意が必要。
また、このあたりから半化身では力不足を感じるようになるので、なるべく「化身」させておきたい。
四部ではデフォルトではミカヤ隊ではなく、ニケとともにアイク隊に入る事になり、
アイク隊に入れておいた場合、4章で拠点会話が発生する。
拠点会話で貰えるのは特効薬一個なので、イベントにこだわりが無いなら他に移してしまってもいいだろう。
なぜかHP95%、幸運90%と一部のステータスの成長率が異常に高いが、
一方で力、技、守備、魔防の成長率はかなり物足りない数値。
しかし頑張って育てたところで、残念ながら他の平民ラグズと同じく王族の壁が厚すぎるため、
最後まで使い続けるのは難しい。
どうしても使いたいなら、支援の強力な地属性を活かしておきたい。