アンリ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アンリ

暗黒戦争から約100年前のドルーア戦争にてメディウスを倒した英雄にして、初代アリティア国王。
元は地方都市アリティアに住む若者であったが、アカネイア王女であるアルテミスがアリティアに亡命。
ドルーアがアルテミスの引渡しを要求してくると、アルテミスをドルーアから守るため、
アリティアの人々と共に解放軍を立ち上げる。
メディウス参戦により解放軍が劣勢に立たされる中、突如現れた賢者から神剣のありかを教えられ、
人外の魔境を乗り越え神剣を入手。
解放軍の最後の抵抗も潰え、メディウスの前にアルテミスが身を差し出したところに帰還し、
七日七晩の死闘の末メディウスを倒した。

アルテミスとは彼女が亡命していた時期から相思相愛であったが、
平民出身の彼がアルテミスと結ばれることはかなわず、戦後アリティアの国王に迎えられる。
アルテミスへの愛を忘れられず生涯独身を貫き通し、その地位は弟のマルセレスが引き継ぐことになるが、
その際の相続争いでグラが分離独立する事に。
グラの暗黒戦争での行動やコーネリアスの犠牲を考えると、ある意味罪作りな人物でもある。

神剣をめぐる旅からメディウス撃破までを全て一人で成し遂げたパネエ人物であり、
マルスが「群の英雄」と呼ばれるのに対し、アンリは「個の英雄」と呼ばれる。
新・暗黒竜のプロローグと公式サイトのバックグラウンドで後ろ姿が登場する。

関連
アルテミスの定め