聖女の杖


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

聖女の杖

封印の剣に登場するSランクの杖。魔力に関わらず自軍全員の完全回復が可能。
21章で加入するヨーデルの初期装備である。
その名前やヨーデルの初期装備であることから八神将の一人、聖女エリミーヌに関連するものと思われる。
またその名前から神将器と勘違いされやすいが実は全くの無関係である。
そのため使いきっても終章には行ける。
やや効果は落ちるもののトライアルマップではリザーブが手に入るので、
行軍が苦しいときは勿体ぶらずに使ってしまおう。
烈火の剣には登場しない。このため烈火では杖レベルをSにするのは地雷行為とされている。
アトスアーリアルを持ってくる時にこれも必要かもしれないとは思わなかったのだろうか?
とはいえ聖女の杖が当時はどこにあったのかを考慮する必要もあるため、一概にアトスを責めるわけにもいかないが。
(封印の時代でも一緒に保管はされていないみたいだったし)