シハラム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シハラム

蒼炎の軌跡第20章の敵将、クラスはドラゴンマスター
デイン王国ダルレカ地方の領主でジルの父親である。また、ハールの直属の上司でもある。
元はベグニオン聖竜騎士団の隊長であったが、
腐敗した元老院を見限り18年前にハールら隊員達とデインへの亡命を決行した。
しかし運悪く同時期にアシュナードがデイン国王として即位。
功績を挙げられなかったために左遷に近い形でダルレカへと追いやられていた。
ベグニオンを捨てた以上は他に道は無し、とラグズの乱獲・駆逐さえも行い
デインで生き延びられるよう、ジルにも徹底した反ラグズ思想を植え付けてきた。
そして今回、クリミア軍の足止めのためにプラハに領内での水責めを命じられてしまう。
自分の死後に生き残った兵やその家族の安全をハールに託し、アイク達と敵対する。
とまあ、ここまで読めば分かるように彼は本作におけるカミュポジションを担当している。
子持ちであることから同ポジション中では恐らく最年長と言えるだろう。

トマホークフルガードを持っているため、
射程外から弓で一撃なんて楽な方法は通用しない。
またがっかり性能なはずの奥義衝撃
パラディン等での波状攻撃中に喰らってしまうと結構面倒になる。
そして寝返りイベントという罠の存在。
詳しい説明はジルの項目に譲るがこれに引っかかったプレイヤーは数知れない。

一方で幸運と魔防が低いという弱点も抱えているため、
雷魔法等で必殺を狙えばワンターンキルも可能である。
トマホークの攻撃力に油断さえしなければそれほど怖い相手ではない。
どちらかというとターン制限とか迂回しながら進軍しないと袋叩きにされてしまうマップ構成とか
ジルと戦闘をすると『裏切り者!』と罵ってくる、一部の一般兵による(主にプレイヤーへの)精神攻撃とか
彼の登場するマップその物の方が色々と難しい印象を受ける。

ちなみにタニスとの戦闘会話によると、
ベグニオンでは彼の亡命は理想郷を求め旅立った竜騎士たちという英雄譚として伝えられているらしい。
当のタニスからは『民を犠牲にするような愚策を用いた男』と手厳しく言われてしまうのだが。

本編を5周クリアするとトライアルマップにて使用可能になる。
ジルとの固定支援が相互にあり隣接すると必殺率が上がる。
幸運や魔防の低さはそのままなので運用するにはちょっと愛が必要かもしれない。

関連
ソフィー