聖者(セイント)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

聖者

暁の女神に登場する神官系の最上級職で『セイント』と読む。
自軍ではオリヴァーが始めから就いている他、ローラキルロイもCCによって就ける。
光魔法と杖、両方の武器レベルがSSランクまで伸び、奥義『暁光』を覚える。

しかし聖者よりも高い上限値を持つ上に同じ武器が使えるミカヤ
それより更に高い上限値を持つ上に闇魔法すらも使えるエルラン
まさかの二重格差として立ちふさがるという厳しい環境に置かれている。
個別に見ても、ローラは神官からのスタートな上に出撃章がミカヤとモロかぶり。
キルロイは司祭からのスタートだが傭兵団という強豪揃いの激戦区では育成の優先順位が低くなりがち。
オリヴァーは初期状態でCC済みの代わりに期待値では息切れを起こしてしまう等どれも癖が強い。

だがCCが遅いミカヤや参戦が遅いエルランと違い、マスタークラウンさえあれば早期にCCさせることが可能。
また終盤では精霊や女神に攻撃されなくなる(反撃すらされない)上記の二人と違い、
彼らは終盤でも攻撃されるために高い魔防をちゃんと活かせるという利点もある。
要は彼らをエースにするのも二軍にするのもプレイヤー次第ということである。

ちなみに敵軍ではルカンヘッツェルがこのクラスに分類される。
杖しか持たないために奥義が使えないヘッツェルといい、
リワープを使ったが最後、タコ殴りにされてしまうルカンといい、
神官系の職業なだけあってか杖とは切っても切れない縁があるようだ。