ルドベック


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ルドベック

暁第二部の敵対人物で、終章「女王エリンシア」のボス。
クラスは斧武将(グレートドゥクス)

クリミア王家の遠縁にあたる、フェリーレ公爵当主。
王家転覆を画策して、民衆を扇動して反乱を起こして実権を握ろうとした。

エリンシアの弱みに付け込み、情報戦をも制してルキノを捕らえ、
エリンシアらの隠れたアルピ砦へと攻め入った。
しかしジョフレ率いる王宮騎士団の思った以上に早い到着と、エリンシアたちの奮戦で攻略は難航。
ルキノという切り札を残していたこともありあっさり降伏、捕らえられる。
最後の抵抗でルキノの処刑と引き換えに王座を奪おうとしたが、
王としての覚悟に目覚めたエリンシアに毅然と拒絶された挙句、
突如現れたアイクグレイル傭兵団に処刑も阻止され、野望は潰えた。
反乱軍残党も王宮騎士団によって完全に鎮圧された。

その後の彼の処遇は不明だが、
エリンシアが「許すことはできません」と公言しているため、
処刑されたと考えるのが自然の成り行きだと思われる。

なお、彼の動向はユリシーズの計略のうちで、
要はユリシーズの手のひらで踊らされていたに過ぎなかったのである。
傭兵団を雇っていたのもユリシーズであった。

直間両用のトマホークを得物とし、待ち伏せのスキルを持っているので
うかつに近づくのは危険…だが、相手は最上級職で、アミーテを持ちだした女王陛下である。
しかも攻速落ちするのはルドベックの方である。
エリンシアの力が20以上あると一回の戦闘で確実に撃破できるので、
仮に待ちぶせが発動しても一発分しかあたらないため、まず無意味と化す。
ハールで周りごと釣って、アミーテでコテンパンにぶっとばしてさしあげましょう。