アカネイア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アカネイア

暗黒竜と光の剣外伝紋章の謎に登場する大陸最古の大国。
―王国、―聖王国、―神聖帝国、―連合王国。

アドラ1世がアカネイア大陸の都市国家群を統合、のちの大陸統一により最大の国となる。
約100年前のドルーア帝国との戦争終結を機に、諸国が続々と独立しているが、
その後も宗主国として、また多くの自由都市・開拓都市の後ろ盾として強大なる権威を誇っていた。
王家の下には、私兵を有し自治領を治める5つの有力貴族が存在する。
モデルは古代ローマ帝国と推察される。

約100年振りのドルーア帝国の侵攻によりパレス王宮が落とされ、王族は王女ニーナただ一人が残った。
彼女はドルーア側のグルニアカミュの手により、縁戚関係にあるオレルアン王国へ密かに逃され、
オレルアン王弟ハーディンに保護される。
暗黒戦争の後、ニーナはハーディンを国王として迎え、アカネイアは神聖帝国として再建される。
英雄戦争でハーディンが弑されると、ニーナはアリティア王となったマルスに国を託した。
彼は盟主となり、アカネイアは連合王国として復興する。

なお、作中と過去を合わせて3度もメディウス地竜族からの侵攻を受けているが、
それはアカネイア王国の成り立ちそのものに関わる過ちや、
メディウスが厚意で見守ってきた人間の裏切り、竜人族の迫害といった背景が絡んでいる。

因みにアカネイアには奴隷制があり、城下のノルダの奴隷市場にはリンダが奴隷として
捕まっていたり、暗黒戦争の数年前にはオグマが大陸一の剣闘士として名を馳せたりしていた。

関連
ファイアーエムブレム】【アルテミスの定め】【BSアカネイア戦記