アスタルテ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アスタルテ

蒼炎の軌跡の舞台となったテリウス大陸を創造したとされる女神。
三雄(黒竜王デギンハンザー、ベグニオンの始祖オルティナ、獅子王ソーン)と
共にかつて邪神と戦いメダリオンに封じ込めたとされる。

暁の女神ではなんとラスボスとしてアイクたちの前に立ちはだかる。
セフェラン共々 外伝メガクェイク以来の全体攻撃を仕掛けてくる(全体物理、全体魔法、さらには全体サイレスまで)上、
その威力も高いので、FEシリーズ中屈指の強ラスボスとなっている。
ステータス自体は高いががそれ以上に鬼畜なユリウスや、
凄まじい攻撃力を持っているのに間接攻撃不可で移動力も低いために封印の剣でボコられまくるイドゥンとは大違いである。

元は中東に伝わる神話の豊穣多産の神アスタルテ。(資料によってはアスタルト)
メソポタミア神話のイシュタルやギリシャ神話のアフロディーテと起源は一緒と言われる。
因みにキリスト教ではアスタロトという悪魔として扱われている。