ムスタファー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ムスタファー

覚醒に登場するキャラクター、ペレジア国の将軍。
第10章「再起」のボスである。クラスはバーサーカー

敵のバーサーカーといえば野蛮で好戦的な無法者と相場が決まっているが、
彼は理想を貫くため犠牲となったエメリナの意思に理解を示し
礼節をもってイーリス自警団に降伏を勧告したり、
エメリナの言葉に動揺した部下の撤退を認め、すべての責任を背負おうとしたり、
敗北したあとも部下の助命を願ったりと
本作No1の人格者である。
撤退を認められてなお、部下たちは最後まで彼と共に戦うことを決意したあたりにも
それがあらわれているだろう。
故郷に妻子がおり、リヒトヘンリーの支援会話によると
息子に似ているらしいヘンリーに対してはお菓子をあげたりと何かと目をかけていたようである。

第9章にて、ギャンレルインバースの策によってエメリナを失い失意と悲しみにくれる自警団
自警団に共感を覚えつつもギャンレルの命令には逆らえず、前に立ちはだかるムスタファー。
この章限定のマップ曲「貴様らが…姉さんの言葉を語るな!」も相まって
雨の中での対決は本作最大の山場といっても過言ではない。

ちなみに撃破すると何故か獣石をドロップする。
人間である彼が持っていてもまったく無意味なものなのだが・・・お守り的なものなのだろうか?
ベルベットがスタメンの場合、使用回数が厳しくなってくるころであるため
地味にありがたい。