リベラ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リベラ

覚醒に登場するバトルモンクの男性。
第9章でペレジア城前でエメリナを助けようと孤軍奮闘しているところで
クロムが話しかける、または話しかけられることで仲間になる。

バトルモンクなので男性なのだが、一見すると女性と思えるほどの美貌の持ち主であり、
クロムやヴィオールらからは女性と間違えられており、本人曰くよくあることらしい。
モンク(修道士)つながりで初見で女性と間違えられる様は、ルセアを彷彿とさせる。
しかし病弱なルセアとは違い、多量の丸太を運べるほどの力持ちであり、
なおかつ何時間も薪割りしても疲れないほどの体力の持ち主でもある。
絵も得意なのだが、過去に自画像を描いたら本人は男前に描いたつもりにも関わらず、
女性と勘違いされてしまった経緯から自画像を描くのだけは避けている。

幼少時、貧しい家庭で両親に疎まれ、最終的に捨てられ孤児になった経緯を持つ。
捨てられる際に母親が大きく彼を突き飛ばし、その時に首に傷ができている。
このためか、聖職者ながら柔和な性格をしているがどこか自虐的なところもあり、
武器屋で買い物をさせると「私に与えるものなど、その辺の石ころで十分です…。」と言う。

上述した力持ち故か、魔道士系ユニットにかかわらず力の成長率は悪くなく、
その他も平均的に上がるので、サポート役だけでなく即戦力としても使える。
チェンジプルフで下級職の僧侶や魔道士、ダークマージにクラスチェンジ可能。

彼が初登場するMAPは砂漠で説得役のクロムの移動がままならないうえ、
対するリベラは緑軍であり、しかも魔道士系なので砂漠の影響を受けずに移動でき、
放っておくと敵陣に突っ込んでペレジア兵に返り討ちにあったり、
仲間になるはずのサーリャまで倒しかねない勢いなので、
ダブルペガサスナイトにクロムを彼の所まで運んでもらうか、
さっさとレスキューで救出して話しかけてしまおう。