ヴィオール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヴィオール

覚醒に登場するアーチャーの男性。
絶賛婚活中の自称貴族で、女性を見れば気障なセリフとともにプロポーズしている。

もはやシリーズ恒例となったネタ系アーチャーの例に漏れず、
若干ナルシストがかった性格であり、口癖は「貴族的に」。
女性ユニットとの会話では大体の場合、口説いてはつれない態度をとられるのがお約束になっている。
とりあえず女性と見れば口説きにかかるので、女性と見まごうほど美しいリベラにも声をかけている。
実のところは食えない性格の持ち主で、貴族の女性に声をかけて密かに人脈を作りあげている。
先を読む目もあり、盤上でのウォーゲームではマイユニットを打ち負かすほど。
その正体は、ヴァルム大陸にあるヴィオール侯爵領の領主。
ヴァルム帝国が力をつけてきたことを危惧し、民の命の保証と引き換えに自身はヴァルハルトに下ろうとしたが、
領民たちが戦うことを望んだため、それを放棄させる目的で領地を脱出、イーリス大陸へ避難してきていた。
同時に部下のセルジュに帝国の動向を探るよう命じ、12章で彼女と合流してフェリアに脅威を知らせることになる。
軽薄な発言が目立つものの、本心では残してきた領民のことを心配している。
エンディングでは領地へ戻り、領民からの信頼回復に尽力する。
ちなみに首に巻いているのはスカーフであり、よだれかけではない。

親世代では唯一の弓兵であり、加入が第1章開始時と早いので、間接攻撃からの削りや飛行系の撃破に役立つ。
アーチャーらしく技の成長率が高く、それ以外のステータスもバランス良く成長する。
ただし序盤の頃は他のユニット同様に力と速が低いため、1ターンで敵を倒しきれない場面が多いのが難点。
そのままスナイパーになって命中率や弓での攻撃力の底上げを図るか、
ボウナイトになって、子供に弓殺しを継承させるかはお好みで。
しかしアーチャーからの派生クラスにも関わらず、ボウナイトは射程2-3のロングボウが使えないので、
他の弓使いとの兼ね合いを考えた方が良いだろう。