レンハ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レンハ

覚醒に登場する18章双剣の兄妹の敵将。
シリーズ恒例である本作の剣聖であり、その名の通りクラスはソードマスター
本来はヴァルム大陸にあるソンシンの王でありながらヴァルハルトの軍門に下っている。
その結果解放軍として戦っている妹サイリと対立し、クロムらと対峙して敗れ死亡した。
その後エクセライにより本当はいつでも殺せたサイリの命と引き換えに帝国の手先となっていたことが判明する。
実際に戦う際にはレンハの周りは溶岩のダメージ床となっている為注意が必要。
クロムとサイリの両方で戦闘前会話と撃破時の会話があるが妹であるサイリの方が長いものとなっている。
また戦闘前のBGMは専用のものとなっているが戦闘BGMは汎用ボスと同じになっている。
少々唐突に現れた敵とはいえ盛り上がる内容であったのだが、
実際に戦うと装備しているアマツに色々と驚くプレイヤーも多い。

そして外伝21剣聖再びにおいて死んだレンハの目撃情報があるという剣の墓にて再び登場、
今までの仲間はクロムで話しかければ仲間にできたが、レンハについてはサイリで説得することでのみ加入する。
その正体は亡霊ではなくルキナと同じく未来から来た人間であり、同一人物とも別人ともいえる存在。
その未来では現在とは逆にサイリが死亡し、レンハが生き残った末に世捨て人となり自分のことを亡霊と呼んでいる。
それでも本人いわく食料を得る為に村人を屍兵から守り、そしてサイリの墓を守っていた。

レベル20で加入するがその能力はそれなりに高い。
槍殺しなどのスキルを取得しておくとソードマスターとして運用しやすくなる。
上限も同じ剣士系であるロンクーサイリよりも優秀で剣聖の名に恥じぬものとなっている。
速さも補え、なにより外見も元々和風である為魔戦士にしてみるのも悪くない。