オリヴィエ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オリヴィエ

覚醒の登場人物。
今作のダンサー担当で、DLCキャラなどを含めても自軍唯一の踊り子である。

各国を旅するキャラバンの踊り子。
恥ずかしがりやで引っ込み思案なところがあるが
(この恥ずかしがりやなところは息子のアズールにも引き継がれることになる。)
その踊りは天下一品と称され、各地にファンがいるほど。

かつてとある有力者に言い寄られていたところをバジーリオに救ってもらったことがあり、彼を恩人と慕っている。
記憶力が恐ろしく良く、見ただけで振付を覚えたり、小説を1度聞いただけで覚えてしまったりする。
風の匂いに季節の変化を感じたり、
星がきれいだったりするだけでほろりと涙を流したりするなど感受性が豊かな一面も見せる。

仲間として参戦するのは11章クリア後。
ユニットとしては、初期能力こそ低いものの、能力をあげやすい覚醒の仕様もあって歴代最強の踊り子になれる。
チェンジプルフを使って剣の達人滅殺流星疾風迅雷といった強力スキルを習得した後に踊り子に戻れば、
踊りでみんなを支援しつつ「恥ずかしいです~!!」といいながら敵を一刀両断し、
再行動で再び支援or攻撃といった恐ろしい踊り子の完成である。

またクロムの嫁候補最後の1人である。登場が遅いのもあってくっつけるには一工夫いるので注意が必要。
支援会話CBAをすっとばしての超スピード結婚である。
この場合クロムはリズから「手が早い男」のレッテルをはられることになるw

名前の元ネタは「ローランの歌」に登場する12勇士の1人オリヴィエだろうか。
ローランが勇将タイプであるのに対し知将といった役回り。
ちなみにこのオリヴィエの持つ剣はオートクレール、妹の名はオードだったりと、FEに縁のある人物である。