アロンダイト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アロンダイト

暁の女神 に登場するアイク専用の剣
銀の剣に近い性能を持ち、回数も50回と豊富で良質。
しかし三部11章でラグネルを入手できてしまうので、実質使える期間は8ステージと何だか勿体無い。
しかも使い切れない内に三部4章でもう1本掘り出せるおまけ付き。
売る事も出来ないので輸送隊の肥やしになる運命か。
アイク専用で無かったらまだ使いようが有るのだが…。

名前の由来はアーサー王伝説でランスロットが使った刃こぼれしないという名剣。
ガウェインは三人の弟、二人の息子をランスロットに殺されて、
自身もランスロットから受けた傷をアーサー王に反乱する者に攻撃されて死ぬ事になる。
あまりアイク専用の武器としてはふさわしくないエピソードを持っているが、
海外版の蒼炎の軌跡ではエタルドの名称がアロンダイトになっている。