※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

暁の女神にて初登場の弓系の新種武器。 よく見ると外伝でも(戦闘アニメでは)使われていた。
上位職以上の弓歩兵・戦士系が装備可能。
特徴として射程が1~2なので、外伝以来となる弓での近接攻撃が出来る。
また最終攻撃力がに依存せず武器攻撃力だけが影響する事が挙げられる。

弩の攻撃力は力に依存しない分、通常の弓より大幅に高く設定されていて、
弩で特効を発生させると弓に比べて大きなダメージを叩き出すことが可能。
(暁の女神では特効時の攻撃力は武器攻撃力*3で計算される)
ちなみに最強の弩『アルバレスト』で特効が発生する相手へ攻撃した場合の攻撃力は114となる。
『アルバレスト』+『天敵/竜』の組み合わせで竜狩りにいそしむのも一興か。

また命中率も大抵の弓よりも高く設定されているので、
今までの作品のノリでうかつに飛行系で弩装備の弓兵に近接攻撃を仕掛けると、
高レベルのキャラやティバーンネサラなどの王族でも返り討ちにされかねない。
弓歩兵はともかく斧戦士がさり気なく持っていたりするので、
飛行系を動かす時には細心の注意が必要である。