ヴォルツ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヴォルツ

聖戦の系譜の敵将。クラスフォレストナイト
第二章「アグストリアの動乱」で登場する。
マクベスの命を受け、ベオウルフを含む傭兵部隊を率いてシグルド軍に襲い掛かる。
登場時の台詞から「世界ひろし」のあだ名で呼ばれることが多い。

本人は兵種スキルの連続があるくらいで大したことはないが、
再移動による騎兵隊の波状攻撃があるため、迂闊に攻撃範囲に入ると犠牲は免れないだろう。
雑魚の中に紛れたベオウルフを返り討ちにしてしまう危険もあるので、迎撃には少々配慮が要る。
エリートリングを持っているので、止めを刺すユニットも吟味したい。

関連
ロベルト(聖戦)