ウハイ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウハイ

烈火の剣に登場する遊牧騎兵で、黒い牙の一員。『飛鷹』の異名を持つ。
黒い牙の古株であり、ブレンダンの思想に共感していた。
ネルガルの傀儡と化した黒い牙に疑問を抱いており、
指令に反して条件次第でエリウッド達を見逃そうとする一面もあった。
サカの民らしく正々堂々と振る舞い、竜の門への道を教えて死んでいく。
彼の姿勢はエリウッド達に強い印象を残し、
後にラガルトやロイドとの会話で彼の名が出ることもある。
終章ではモルフとして復活させられ、ロイドやライナスに迫る能力を誇る。