エイリーク


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エイリーク

聖魔の光石の女主人公。ルネス王国王女で、エフラムの双子の妹。

真面目で丁寧な性格で、親友のターナ以外の人間には全員敬語で話す。
王子様系統の性格をしていて、肉体派の兄と比べるとしっかり勉強もしているが、
戦争に対して甘い考え方を持っており
エフラムに比べるとリーダーとしての決断力・判断力に欠け、
おろおろする場面も多くオルソンに騙されかけたり、
リオンの精神を乗っ取った魔王の口車に乗って
ルネスの聖石を渡してしまい破壊されるなどの失態を見せている。
しかし、王族として育ったので正義感は強く、非道な相手に対しては物怖じせずに強気な態度を見せる。
エフラムによると「色気のない体つき」らしいが、公式イラストでは結構むちむちしている。
異常に短いミニスカを穿いており、しかも上級クラスになるとその服装のままで馬に乗る。
ミニスカで激しい動きをする戦場に立つことをフォルデに指摘されたことがあるが、
それにも関わらず目の前で試すようにスカートがめくれるくらい動いてみせたりと、
女性の自分がどう見られるかという事には、やや無頓着なようである。

装備は剣のみで、専用武器はレイピアジークリンデ
16章クリア後のイベントで『月の腕輪』を使いマスターロードにクラスチェンジする。
このとき、主人公としては珍しく任意でクラスチェンジが可能で、
ここでしなかった場合はCCアイテムとして月の腕輪が手に入る。
やや冷遇されている剣しか使えない上に専用武器、攻撃力や打たれ強さの点でもエフラムに劣りがちだが
限界値が悲惨なエフラムに比べるとエイリークはソードマスターと同等の技・速さの限界値を持っているので、
うまく成長してくれれば強くなる。
能力では技・速さ・幸運が高く、HPや力・守備の成長もそれなりだが
初期値が低いので上手く育ってくれる可能性は低く、回避と命中の高さを活かして戦うことが多くなる。
属性は光であり、支援によって攻撃・命中・必殺を上げやすいので、弱点の力不足を補うことも可能。

FEにおける妹は近親相姦を連想しやすいが、この兄妹も例外ではなく
支援Cではエフラムに頭をなでられて顔を赤くして恥ずかしがりつつも
まんざらではなさそうなエイリークが見られ、さらに支援AをつけるとペアEDになる。
また、二人の専用武器であるジークムントとジークリンデの名前は
ドイツの楽劇『ニーベルングの指環』に登場する、近親相姦して子供を作った双子の兄妹から取られている。