エキドナ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エキドナ

封印の剣11章(北ルート)に登場する女勇者。西方三島で起こったレジスタンスのリーダー。
矛盾した事も色々言うが、骨のあるアネゴ肌。人徳もあるようで、思った事を嫌味なく言えてしまうのが特技。
漫画【ファイアーエムブレム 覇者の剣】でも登場し、西方三島編では物語を牽引する。

武器LVは斧の方が高いのが何とも女傑っぷりをアピールしている。
勇者だけあり技・速さが高く確実性が第一のセールスポイント。力も体格もそこそこ。
ただし運が低く、打たれ弱さも致命的な状態にある。
どうしても使いたければ早めにアルマーズを持つか、軽い剣を持つか、
力を上げて手斧で支援に回るかした方が良いと思われる。

戦後、島の復興を手伝ってくれる働き手を探していて、
支援が有るワードロットゴンザレスギースララムとの会話の話題は全て復興絡み。
このつかみ難い女勇者が自らの過去を口にすることは決して無いのだが、
支援Aの会話のそれぞれから、何かが投影されているような気配をそこはかとなく感じる事が出来るだろう。
EDの後日談では、彼女は民の推薦により西方三島の指導者に引っ張り上げられる事になる。

名前はギリシャ神話由来か。「蛇(マムシ)」の意味が有り、女性の上半身と蛇の下半身を持つ。
ケルベロスやヒュドラその他沢山の怪物の母として知られ、EDでの称号「西方の女神」にふさわしい名前かと。
また英語ではハリモグラを指す。