エスニャ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エスニャ

  1. 聖戦の系譜
    アミッドリンダの母親。
    フリージレプトールの次女すなわちブルームティルテュの妹なのだが、
    ゲーム中では名前は明かされていない(名前は聖戦の系譜TREASUREに掲載されていた事から判明)。
    仲の良かった姉がシグルド軍に参加し、戦死を遂げた事からシグルド軍に参加。
    のちに子供達を授かるもののティルテュの生存時と同様に、フリージ家に連れ戻されてヒルダに虐め殺されてしまう。
    またアミッドのセリフ(アーサーの物と共用なので単なる都合かもしれないが)から、姉同様に魔法戦士だったようだ。

  2. トラキア776
    アルスター王妃でミランダの母親。
    レンスター落城後の幼いリーフ達をかくまっていた。

    聖戦のエスニャと同じ設定の人物なのかは不明。
    しかしフリージの関係者の下に逃げ込むというのは考えにくい事や、
    ユグドラル大陸においては大地母神エスニャと呼ばれる神が存在しているため、
    たまたま同じ名前の別人物と考える方が辻褄は合う。
    同一人物だとするとアミッド・リンダとミランダとは(異父?)兄妹であるという事になるが、
    アミッド・リンダはトラキアには登場しない。
    ゲーム中では語られない所なのでユーザーの好きなように考えればいいのかもしれない。
    なお篠崎砂美の小説版では彼らは兄妹という設定になっている。