エフラム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エフラム

聖魔の光石の男主人公。双子の妹エイリークとは正反対の武闘派な男。
戦争勃発前は槍一本で大陸一の傭兵になろうとしたほどの槍好きで、シリーズ初の槍専門ロード。

初登場の5章外伝では(敵の計略という事もあったが)少ない手勢で敵の城を陥落させ、
その後ヴァルターの包囲から逃げ延びるという快挙を成し遂げたアグレッシブ王子。
「俺は勝ち目のない戦いはしない」とは言ったが、かなり無茶なものがある。

シナリオ分岐でエフラム編を選べば、
グラド側の偽情報によって「女と見れば襲いかかるケダモノ」とか
「金や食料をあちこちで略奪しまくっているケダモノ王子」という風に認識されていて、
今までのシリーズの王子様系主人公とは一味違うという様が楽しめる。
またエイリーク編を選べば、自分の配下の騎士達を全員エイリーク隊に回し、
デュッセルの離反などグラド側に問題が有ったとは言え、
他国の兵を率いてグラド帝国を滅ぼす、と軍事面の才能が計り知れないことに。

支援関係では、エイリークやミルラとの会話ではロリコン・シスコン疑惑が上がり、
ラーチェル相手にペースを握らせない、といった守備範囲の広さを見せる割りに、
長く自国を支える事になる将軍(ゼトの項を参照の事)とは支援は無し等、ネタには事欠かない。

関連
レギンレイヴ】【ジークムント