オーラ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オーラ

暗黒竜と光の剣系統・外伝・聖戦の系譜に登場する魔法。
いずれの作品においても高い攻撃力を誇る高位魔法という位置づけである。
FEの光魔法の始祖といっても過言ではないだろう。

  • 暗黒竜・紋章
    「オーラの書」という魔道書として登場。
    リンダ専用魔法で、ガーネフに殺された亡父ミロア大司祭から受け継いだものとされる。
    かなり重いのが欠点ではあるが、20という威力は全魔法どころか全武器中でもトップタイの攻撃力。
    しかも比較的前半から入手できるので(紋章2部に至っては3章開始時)、使い勝手は抜群に良い。

  • 外伝
    黒魔法に分類され、味方ではクリフ(魔法職のみ)、メイデューテが習得する。
    威力は大きいのだが消費HPもそれに比例して大きいので、外すと痛いのが玉に瑕。

  • 聖戦
    光魔法Aレベルで登場。ディアドラの初期装備として馴染み深い。
    所持者の性能もあって破壊力は抜群なのだが、異常なまでに重いので正直使いづらい。
    一撃で倒せない相手や、闘技場の剣士などには苦労させられるであろう。
    なお、子世代ではリザイアとの二者択一なので、存在すら知らずにクリアしたプレイヤーも多いと思われる。

  • 新・暗黒竜
    リンダ専用魔法ではなく女性専用魔法という括りに変更された。
    リンダは魔法Eレベル、他女性キャラはBレベルで使用できる。
    シリーズの傾向であった重さも1になり、
    威力も18とデフォルト状態の武器の中でかなりの高さを誇る(最高はグラディウスの19)。

    性能面ではリメイク元よりも更に使い易くなったが、
    「ガトーがミロアにオーラを授けたのをガーネフが妬み、
    ガトーの下から闇のオーブを盗んでマフーを作り出した」(紋章2部のウェンデルの台詞から)
    という設定が、オーラの括りが女性専用魔法になってしまった事でおかしくなってしまっている。
    ただ元々ガーネフの設定が結構適当なので、新・暗黒竜でその辺りの設定が変更された可能性はある。