カリル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カリル

蒼炎の軌跡に登場する賢者。
煌びやかな衣装に身を包み、美貌の一流魔道使いを自称している都会的な女性。しかし実は…。
トパック曰く「派手キレイなオバおねえさん」で、ラルゴの恋人。
姐御肌で、堅物青年の恋愛相談にのったり、田舎娘をプロデュースしたり、
少年魔道士の個人指導を受け持っていたりと面倒見が良い。
プレイヤーに封印/烈火の剣のカレルと名前を間違われる光景がよく目撃される。

20章の拠点コマンド「謎の女性」にて、貴重なメティオや使用頻度の高いエルサンダー
(と、ナイフ)を手土産に、クリミア軍陣営を訪れる。
初期パラメータのバランスが良く、武器レベルも満遍なく高めなので即戦力となってくれるだろう。
その能力の高さ故か軽器装備という枷(本人曰くセールスポイントだが)がある。
烈火の剣のパントになり損ねたという声も聞かれるように、杖装備賢者に比べると汎用性の面で
やや劣る点は否めないが、彼女の有するスキル「見切り」はその欠点を補ってあまりあるものだ。
魔法攻撃特化ユニットと割り切ればまず問題はないだろう。

暁の女神への参戦が発売前の販促映像で明らかとなった際には、
「カリルおば…姐さんキター」「おば…お嬢さん、蒼炎時より綺麗になったな」などと
発売を心待ちにするスレ住人を大いに湧かせた。

関連
軽器】【ネフェニー