キサ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キサ

暁の女神で仲間になる獣牙族の虎のキャラ。
ライの部下でリィレよりは上の立場らしい。
第三部第1章のシノンとリィレが揉めかけるイベントで
ありふれた真面目な性格の人物かと思わせておいて、
第三部第7章ではライの愛(→威圧の書)を巡りリィレとバトルを展開、
オカマキャラと判明する…とかなりの衝撃を与えるがその後は特に会話が無く、
結局どういったキャラなのかいまいちつかめないまま。
暁で支援会話がテンプレ化した影響をまともに受けたキャラと言えよう。
なお蒼炎の軌跡ではライとレテの支援会話で名前は出ていて、
ムービーでもキサと思われる青い体でさらに背の鬣が白い虎を見ることが出来る。

戦力としては間接攻撃を受けた時にカウンターでダメージを与える「迅雷」を覚えているが、
ラグズ王族との絶対的な差もさることながらライの強制出撃が多いため、
よほど使おうと意気込まない限り2軍行きとなってしまう可能性が高いか。