グラオリッター


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

グラオリッター

ドズル公国が擁する精鋭騎士団。
エッダを除く各公国はそれぞれ精鋭の騎士団(リッター)を擁し、その名に色を冠する習慣がある。
このうちドズルは灰色(グラオ)。ネールにちなんだ斧騎士団(グラオリッター)である。

ゲーム中でも2度、前編・後編のそれぞれクライマックスで登場するが、戦果の程はいまひとつ。
5章・リューベック遭遇戦では、中核部隊を欠いており錬度が低下した状態だった事、
終章・ドズル防衛戦では、騎兵部隊が狭い山間部でセリス軍に遭遇した事が、それぞれ原因と思われる。

斧の時点で(ry

関連
ランゴバルト】【ブリアン